コンドウ歯科
main_title
切らない・腫れない
痛くない!
当院オススメのインプラント

1990年ごろにインプラントは成熟した医療技術として定着しました。失った歯をおぎなう場合、インプランが一番安全確実な治療法で、10年経っても問題なく使用できている成功率は95%です。 ブリッジのように他の健康な歯を削ったり、部品入れ歯のようにバネを引っかけたりする方法は、支えにした歯を3〜10年後くらいから弱らせ失っていくことが多くみられます。 従来行っていた2回法では苦痛が多いため、より苦痛の少ない1回法を主として採用しています。 個々の状況により2回法のほうが良好な結果と予想される場合は2回法を行います。 また、MIインプラント治療を取り入れており、『切らない・縫わない・腫れない治療』で手術時間も短く、最小限の苦痛ですぐに通常の生活に戻ることができます。 特殊表面処理チタンインプラントの採用により、埋め込みから完治までの定着期間が2ヶ月と世界最短の技術で取り組んでおります。 「あごの骨が薄くてできない」と他の歯科医院で言われてしまった方もご安心ください。 人工の骨の埋め込みで入れられます。 (極端に薄い場合はできないこともあります。) 埋め込み後、型をとりセラミックによる審美歯科治療を行っての費用は、すべて含めて315,000円(税込)〜367,500円(税込)と、リーズナブルな料金にて行っております。
*インプラントで他の歯に負担がかからない治療をするのがベストです*


【インプラントのメリット】
◇メリット@◇
main_image
歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。
しかし、インプラントなら抜けた部分のみにインプラントを行なうことができるので、他の歯を削る必要はありません。

◇メリットA◇
sec1_image
たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。
このかむ力はとても大きなものです。
インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。

◇メリットB◇
sec2_image
奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする入れ歯でしたが、インプラントにすると、取り外されないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

 会員登録
友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
■ 医院案内
■ 院長紹介
■ インプラント治療
■ 審美歯科/ホワイトニング
■ 矯正治療
■ 小児歯科
■ 歯周病科
■ 予防歯科
■ 顎関節症・噛み合わせ
■ アクセス

コンドウ歯科
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。