コンドウ歯科
main_title
小児歯科について

■丁寧な治療
保険でも、治療後に歯の色が元の歯と同じ色になるよう、治療致します。 また、生え始めの歯には早い時期にシーラント処置を行って虫歯予防をしています。3か月に1度の予防にいらしていただくことで、早期発見・処置をすることができます。

■治療が短期
行事などによるご都合や希望により、多数の虫歯でも一度に治療します。

■通院しやすい環境
学校のテストや、塾の時間等を考えて予約する事が出来ます。

〜シーラントとは?〜
「シーラント」は奥歯のかみ合う面にできる虫歯の予防方法です。虫歯になりやすい奥歯の溝を虫歯菌に侵されてしまう前に接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。生えて間もない奥歯の永久歯は特に虫歯になりやすいので、この方法が効果的です。
main_image

☆〜お子様の歯並びが気になる方へ〜☆
当院では歯並びの治療・相談もおこなっております。
小児矯正の大きな特徴は骨格的な問題を、永久歯が生えそろう前に、治療することができることです。
歯並びが悪くなりやすい原因は、「歯並びの問題」といっても「歯の位置」が問題になるのではなく「歯の植わっているあごの骨の大きさやバランス」の問題であることが多く、このような「あごの骨」の問題は、骨が柔らかく、これから成長する子どものうちにしか治せません。
早い時期に、また進学時などに差し障りのない時期を選んで治療を開始することをおすすめしています。
矯正費用も成人してから矯正をするよりも小児の時期のほうが安くすみます。



小児歯科について

小児歯科は、子供の虫歯予防、虫歯治療、歯ならびの治療、そして歯肉炎の予防・治療などを行うところです。虫歯予防のお薬は2種類扱っております。当院で使っているフッ素は、甘くて美味しいりんご味です。フッ素が苦手なお子様には、MIペーストという牛乳から生成されたCPP-ACP成分が含まれたクリームを塗っています。

■永久歯より乳歯のほうが虫歯になりやすい!?
* 一人では上手に歯磨きができないため、十分に汚れを取り除くことができません。
* 乳歯は食べカスがたまりやすく、しかも子供の好む食べ物はベタベタした性質があるため、虫歯菌が酸を盛んに作りだして、歯を破壊してしまいます。
* 乳歯は永久歯に比べ、歯のかたい部分の厚みが半分しかありません。
また再石灰化の力も弱いのです。

■生えたての永久歯も危険!?
* 名前だけは立派な「大人の歯」。
しかし生えたての歯は、赤ちゃんが病気になりやすいのと同じで、虫歯になりやすいのです。
ですから、生え始めから3年間くらいは注意が必要で、早めの予防処置が大切です。
* 特に、六歳臼歯と呼ばれる奥の歯は、しっかり食品を砕いたりすりつぶしたり働きをするために、咬み合わせる部分にたくさんのギザギザした溝がはいっています。
その溝に入り込んだ菌が虫歯を引き起こします。

■えっ!?虫歯って感染するの??
* 生まれたての赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌がいません。それが生後6カ月ごろから虫歯菌がすみつきはじめてしまいます。
* 可愛い赤ちゃんに虫歯菌をうつすのは、たいてい家族。その一番手が、お母さんです。口移しで食べさせたり、親の箸で食べさせたり、「エッ!そんなことで?」と思うようなことで感染してしまいます。
* もちろん周りにいる大人のお口の中がきれいであることが大切です。まずは自分たちの口の中の
細菌を減らしていくことが重要です。
そこで、コンドウ歯科ではご家族で歯医者での定期的なクリーニングを受けられることをおすすめしています。

 会員登録
友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
■ 医院案内
■ 院長紹介
■ インプラント治療
■ 審美歯科/ホワイトニング
■ 矯正治療
■ 小児歯科
■ 歯周病科
■ 予防歯科
■ 顎関節症・噛み合わせ
■ アクセス

コンドウ歯科
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。